会社沿革

67年の確かな歴史、テクシオ・テクノロジーは、歩み続けます。

1954年 測定器第一号生産 SG-1/RS-1を開発(春日無線工業)
1965年 オシロスコープ CO-130/CO-3K拡販開始(トリオ)
1973年 直流安定化電源 PR-601/PR-602を開発(トリオ)
1988年 デジタルストレージオシロスコープ CS-8010を開発(ケンウッド)
1989年 多出力直流安定化電源 PWシリーズを開発(ケンウッド)
1992年 スイッチング電源 PSシリーズを開発(ケンウッド)
1996年 7月「株式会社ケンウッド ティー・エム・アイ」を設立
1999年 電子負荷装置 PEL-201シリーズを開発
2002年 ニッケグループが株式を100%取得し、ニッケグループ傘下となる。
2006年  12月「株式会社テクシオ」と商号改名
   フレキシブル直流電源 PSF-Lシリーズを開発
2009年 12月 ニッケグループ エンジニアリング事業部を再編。
   「株式会社ニッケテクノシステム  テクシオ事業部」を設立
2012年 2月 カラー液晶搭載電子負荷装置 LSAシリーズを開発
10月 GOOD WILL INSTRUMENT CO.,LTD.がニッケテクノシステムからテクシオ事業
   の電源・計測事業を譲受、傘下に「株式会社テクシオ・テクノロジー」設立 。
10月 低ノイズスイッチング直流安定化電源 PDS-Aシリーズ開発
2013年 9月 安全試験器 STW-9900シリーズを発売
2014年 1月 株式会社インステック ジャパンと合併し、GWInstekブランド製品の
   販売・修理・校正サービスの事業を継承
4月 カラー液晶ブースタ対応型電子負荷装置 LSGシリーズを発売
8月 ワイドレンジ直流安定化電源 PSWシリーズを発売
2015年 7月 デジタルストレージオシロスコープ DCS-2000Eシリーズを発売
10月 リニア方式プログラマブル交流電源 APS-7000シリーズを発売
12月 LCRメータ LCR-6000シリーズを発売
2016年 8月 任意波形ファンクションジェネレータ AFG-303xシリーズを発売
   3.25GHzスペクトラムアナライザ GSP-9330シリーズを発売
11月 多出力直流安定化電源 GPEシリースを発売
2017年 10月 パワーメータ GPM-8213を発売
2018年 2月 ミクスドドメインオシロスコープ MDO-2000Eシリーズを発売
3月 ファンレス・ワイドレンジ直流安定化電源 PFRシリーズを発売
2019年 1月 デジタルマルチメータ GDM-906xシリーズを発売
4月 高圧電子負荷装置 LSG-Hシリーズを発売
8月 電子負荷機能付き多出力電源 GPPシリーズを発売
2020年 1 月 1.8GHz スペクトラムアナライザ GSP-818 を発売
6 月 コンパクト AC/DC 電源 ASR シリーズを販売開始
2021年 1 月 パワーメータ GPM-8310 を発売
   安全試験装置 GPT-15000 シリーズを発売
3 月 任意信号発生器 MFGシリーズを発売
   電子負荷装置AELシリーズ・LSPシリーズを発売
5 月 LCRメータ LCR-8200シリーズ を発売
10月 高精度電源PPXシリーズ を発売
12月 双方向電源PBWシリーズ を発売

お問合せ

最寄りの事業所や販売代理店、又はメールにてお気軽にお問合せください。