2022.01.13
0V放電に対応した小容量の簡易充放電試験

GPP-3323Gによる0V放電に対応した小容量充放電試験

・本サンプルアプリケーションはGPPシリーズの電源機能・負荷機能を切替える簡易シーケンスを提供します。
・市販リレーモジュールを利用して0V放電に対応しています。
・32V/3Aまでの充電、3A/50Wまでの放電がExcelのシート上で簡単に設定できます。
・保護設定により過充電・過放電を防ぐことができます。
・試験中は1秒ごとのログデータがExcelのシートに残りますので、積算計算やグラフ化が簡単です。
・アプリケーションはExcel-VBAで記述されソースコードが公開されていますので、自由に変更が可能です。
・耐久試験用に繰返しのループカウントを追加しました。
・GPPのOUTPUT:OFF時の端子インピーダンスは電源モード時約0.5kΩ、負荷モード時約0.1MΩとなります。
 休止時間が長い場合は流入電流が影響しますのでさらにリレーを追加して切離すなどの対応が必要になります。
・大電力の充放電を繰り返す場合は内部リレーが破損する場合がありますのでご注意ください。
・GPPファームウエアVer1.17以上が対象です。
 

動作イメージ

操作イメージ

サンプルアプリケーションのダウンロードはこちら

お問合せ

最寄りの事業所や販売代理店、又はメールにてお気軽にお問合せください。